ハリトヒト。選書がリリースされました!

ハリトヒト。選書で、鍼灸師の本だなを紹介させていただきました。

古武術、江戸時代の養生や家庭の医学、お灸の漫画…
世界を旅する鍼灸師 天野弘子先生の5冊。

① 自分を生かす古武術の心得
② 病家須知
③ 全訳 漢辞海
④ きょうの灸せんせい
⑤ 女である時期

#鍼灸師の本だな

ハリトヒト。編集部 Twitterより

この本を選んだ理由

「東洋鍼灸専門学校って何が楽しいの?」と

インタビューで質問されました。

 

そのとき、うまく答えられなかったので、

その答えとして、

鍼灸学生のときに印象が強かったできごとで、

かつ、本に関わる話を書きました。

 

紹介した本を全て持っている不思議

わたしは、乱読で、新しい本を読むのが好きです。

読み終わった本を、再度読むことは稀です。

 

何年かに一度、大量に処分する断捨離期があります。

実物の本をずーっと持っていることは稀なのです。

 

紹介した本の中で、実物の本は3冊持っています。

『病家須知』『全訳 漢辞海』『女である時期』です。

実物のままで持っていたい大切な本たち。

そして、何度も読み返している本です。

『全訳 漢辞海』に至っては、最も読み返している本のひとつです。

他の2冊は、Kindleに電子書籍として入っています。

『きょうの灸せんせい』は、マンガが出た頃に買い、

『自分を生かす古武術の心得』は、

「鍼が刺せるようになる本」「手裏剣の本」と覚えているだけで、本の名前さえも不明でした。

記憶をたどると、数年以内に本の持ち主人から

本の題名を聞いて、誰かにその話を伝えたはず…

と思い、fecebookを検索してみると、友人の投稿にコメントとして紹介していました。

すごいぞSNS!偉いぞ自分🙌

そして、今回読み直すために購入しました。面白い!

ハリトヒト。の本です。わたしのインタビューもそのうち本になります。今から楽しみです!